横山育英財団とは、

昭和52年に「財団法人横山育英財団」として設立されました。
(その後、平成24年に「公益財団法人横山育英財団」となる。)
愛知県内の学校(高校・専門学校・短大・大学・大学院)に在学し、意欲と能力に優れながら経済的理由により学費として奨学金が必要な学生に対し、奨学援助を行っております。
その延べ人数は、2,449名を数えます(累計金額4億6,148万円)。
教育を受ける機会を与え、人材を養成することで、県内の教育水準の向上に寄与することを目的としております。

当財団の奨学金は、「返還不要の奨学金」です。

卒業後に奨学金の返還義務はありませんので、奨学生の皆様には安心して勉学に励んでいただけます。

お知らせ

【再延長】令和2年度 新規奨学生募集(申込み締切日の延長)

当財団では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各学校が休校期間を5月末まで延長することを踏まえ、お申込みの締切日を下記のとおり再延長することを決定しました。

 《 お申込み期日の変更 》

変更前   令和2年5月25日(月)消印まで

変更後   令和2年6月26日(金)消印まで

奨学金、支給月の変更(お知らせ)

新型コロナウイルスの影響で、学生を取り巻く経済的な状況が深刻化していることを鑑み、奨学金の支給月を下記のとおり変更いたします。
年3回に分けて支給しておりましたが年2回に変更し、奨学生へ早めの給付を行ってまいります。

変更前 1回目 4月分~7月分(4ヶ月分)   8月支給
    2回目 8月分~11月分(4ヶ月分)   11月支給
    3回目 12月分~翌年3月分(4ヶ月分) 翌年3月支給

変更後 1回目 4月分~12月分(9ヶ月分)   8月支給(新規の方:9月支給)
    2回目 翌年1月分~ 3月分(3ヶ月分)  翌年1月支給(新規の方も含む)

40周年特別事業について

当財団は、昭和52年11月に設立し、本年で設立40周年を迎えました。

ついてはこの度40周年特別事業として、総額1千万円の特別奨学金を支給することとなり、支給については、当財団の現奨学生(大学生)より10名を選考し、各100万円の奨学金を一括給付させていただきます。また、選考につきましては、愛知県知事の大村秀章様に特別選考委員にご就任いただき、当財団の選考委員の方々と選考を進めてまいります。

なお、この度の選考で、新たな応募書類の提出は必要ありません。採用者には、学校を通じてご連絡させていただきます。

スケジュールは以下のとおりを予定しております。
大村知事への委嘱式の新聞記事を掲載させていただきます。
(添付ファイルご参照)2017.12.9 大村知事委嘱状(中部経済)
よろしくお願い申し上げます。

【スケジュール】
平成29年12月  選考
平成30年 1月  奨学生の決定、支給

令和2年度募集

4月より開始しております。申込みは在学学校を通してお願いします。

MENU